閉じる

会社情報

株式会社ジム

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-22 メゾンドシャルー407
TEL:03-3230-3722 FAX:03-3230-4327

設立
1981年
資本金
1,000万円
従業員数
17名(グループ含む)
取引銀行
みずほ銀行(市ヶ谷支店) 三井住友銀行(飯田橋支店)
事業内容
  • グラフィックデザイン
  • WEBデザイン
  • 映像制作
  • 展示会装飾デザイン
WORKS
HP
https://www.gym-ts.com/

2019.10.28

「アイデア=既存のもの+α」アイデア出しのハードルを下げるコツ

「アイデアが出ない……」

新しい企画を出すように指示を受けたのに、斬新なアイデアなんか出てくるはずもなく。

一向に手が進まず頭を抱えてばかり、なんてことはないでしょうか。

これは、「アイデア=誰も考えたことのないもの」という固定観念に囚われているからかもしれません。

ここまで考えずとも、もっと簡単にアイデアを考え出せる発想の方法があります。

知識として知っておくだけでも、アイデア出しの幅は大きく広げられます。

さくっと読める内容なので、ぜひ確認してみてください。

 

 

使い古されたアイデアは宝の山

アイデアは、誰もが思いついたことのないものを指すのではありません。

『アイデアの作り方』の著者ジェームス・W・ヤングは、「アイデアは、ゼロから生み出すものではない」と述べています。

邦訳版の初版は1988年ですが、原初の初版は1940年にまで遡ります。

その頃から、アイデアとは全く新しい考えを生み出すことではなく、既存のアイデアの組合せに過ぎないことが発見されていました。

実は、今から約2500年以上前の孔子の『論語』でも似たようなことが述べられています。

「温故知新」です。

「昔のことを研究して新しい側面を発見したら、先生になれるよ」ということなのですが、ジェームス・w・ヤングの主張と似ていますよね。

例えば、車にバックモニターを搭載するというアイデアは、どの車メーカーも持っていました。

ところが、2007年に日産は車の四方にカメラを搭載して車を真上から見下ろせるアラウンドビューモニターを考案しています。

また、吉野家、すき家、松屋など牛丼チェーン店は色々あります。

同じ牛丼業界なので共通点も多いのですが、全く同じではなく店によって個性があります。

「パクリだ」などと訴訟に発展したという話も聞きません。

もちろん、完全に模倣したら盗作と非難されるでしょう。

しかし、既存のアイデアに別の何かを足してやれば、それはユニークなアイデアになり得ます。

使い古されたアイデアは、実は宝の山なのです。

 

 

組合わせてみる

誰もが知っている既存のアイデアであっても、組み合わせれば斬新なアイデアができあがります。

何と何をどう組み合わせるかが、真新しさを生み出すきっかけとなるのです。

しかし、いくら組み合わせればいいとはいえ、闇雲に組み合わせたところでいいアイデアができるとは限りません。

どうすればいいアイデアができるのでしょうか。

以下の方法が考えられます。

・付加価値を足してみる

・既存のものに未知のものを加えてみる

・異質なものと組合わせてみる

アイフォンと言えば、アップルの故スティーブ・ジョブズ氏を思い出す方もいるでしょう。

しかし、アイフォンのアイデアの元となったものは、トニー・ファデル氏がすでに持っていました。

スマホの原型となるソフトを開発していたのです。

つまり、ジョブズはゼロからアイフォンを作ったわけではなく、元から存在したアイデアに付加価値を足してアイフォンが生まれたと言えます。

既存のものに未知のものを加えてみるやり方は、例えばフランスのコース料理を低価格で提供するなどが挙げられます。

フランス料理と言えば高級料理であり、本来は高額であるはずです。

そこで、回転率を上げて客数を増やす工夫をすることで、今までになかった「低価格のフランス料理を振る舞うお店」を生み出すことに成功している例もあります。

異質なものの組合せでは、三味線でロックを弾いてみるなどが挙げられます。

ロックを演奏すると言えば、普通エレキギターなどを使って演奏するのを想像します。

「三味線と言えばやはり日本古来の音楽だろう」というイメージがあるので、三味線でロックを弾くのはどこか異質な感じがするのではないでしょうか。

しかし「ロックはエレキギターでなければダメ」などと決まっているわけではありません。

三味線でだって、あるいはリコーダーでだって、ロックを演奏してもいいはずです。

人間は、慣れてくると「ロック=エレキギター」というように「○○=○○」というイメージを作り出してしまうのでしょう。

この「○○=○○」に、本来とは異なるものを当てはめてみれば、異質なものの組合せを創ることができます。

 

 

置き換える

置き換えるとは、

・場所を変える

・人を変える

・用途を変える

・時間を変える

といった具合に、対象を変えてみるという発想方法です。

例えば、音楽は元々家で聴くものでしたが、外出先で聴けるようにしたのがポータブルプレーヤーです。

彦根城のマスコットキャラクターひこにゃんがブレイクした背景には、元々歴史通しか興味を示さないようなイベント内容を、殿村美樹氏が女性の好みそうなイベントに変更したというのがあります。

旅行にお金を使うのは男性よりも女性が多いので、女性にアピールしなくてはイベントの集客がうまくいかないと知っていたからです。

もし、この時にターゲットを変更していなかったとしたら、ひこにゃんをはじめゆるキャラの誕生自体がなかったかもしれません。

また、クールビズの前身に当たる1970年代の省エネルックは流行りませんでした。

ところが、やってることはほとんど変わらないのに名称を変えたクールビズは受け入れられています。

「失敗した!」というアイデアでも、置き換えてみればピースがはまることもあるのです。

 

まとめ

「アイデア=斬新なもの」と思い込んでしまうと、いいアイデアはなかなか出てきません。

誰もが考えたことのないものなんて、そうそうあるわけではないからです。

ところが、「アイデア=既存のもの+α」と考えると、そうしたものは身の回りのあちこちにあると気づきます。

アイデア出しに感じるハードルもグッと低くなるはず。

既存のアイデアは、もはや通用しないものではありません。

新しい価値観を見つけたり、別の何かと組み合わせることで、枯れ木は再び蘇るのです。


ピックアップ記事