閉じる

会社情報

株式会社ジム

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-22 メゾンドシャルー407
TEL:03-3230-3722 FAX:03-3230-4327

設立
1981年
資本金
1,000万円
従業員数
17名(グループ含む)
取引銀行
みずほ銀行(市ヶ谷支店) 三井住友銀行(飯田橋支店)
事業内容
  • グラフィックデザイン
  • WEBデザイン
  • 映像制作
  • 展示会装飾デザイン
WORKS
HP
https://www.gym-ts.com/

2019.7.15

キャッチコピーを5分で書く方法

おはようございます。

いつも「伝え方ナビ」をお読みくださりありがとうございます。

このメルマガは朝8時に配信する設定にしています。

その理由は通勤の電車の中で2分程度で読めて、もしかしたらその日のお仕事に少しだけお役にたてれば幸いと考えているからです。

さて、今朝は「キャッチコピーを5分で書く方法」についてお伝えします。

キャッチコピーは「チラシ」でも「ホームページ」でも「バナー広告」でも、いろいろなところに必要なコトバです。

キャッチコピーは奥が深くて、それ専門のコピーライターが脳みそがカラカラになるまでコトバを絞り出す大変な作業です。しかしここでは、あえて簡単に書くためのコツを少しだけ書きます。

 

早い話が〇〇〇〇です。の◯部分がキャッチコピーの素になる。

キャッチコピーは短いコトバ、短い時間で相手に伝えるためのものです。ですので「早い話が〜」に続くコトバを考えてみると、何を言うべきかが短いコトバで導き出されてきます。

たとえば、ビールメーカーでホップ使用量が3倍の新製品が出たとします。そうすると早い話が「ホップの香りが良い」です。となるでしょう。

これで「何を伝えるか」がはっきりしました。

次の作業は「如何に伝えるか」です。

 

コピーの素に4W1Hを組み合わせてみます。

What(何)

→どんなホップか?国産だとしたら「国産の香り豊かなホップを使ったビール登場」

When(いつ)

→旬があるのなら「とれたてホップを贅沢に使った香り高いビールです」

Who(誰)

→ターゲットを設定してみましょう。「ビール好きにこそ飲んでほしい、ホップの香り広がるビールです」

Why(なぜ)

→ホップを3倍使った理由。「ビールの香りはホップで決まる。贅沢3倍、香るビール誕生」

How(どのように)

→飲み方提案してみましょう。 「芳醇な香りのビールです。旬の香りとご一緒にどうぞ。」

 

いかがでしたでしょうか?5分でキャッチコピー1本書けましたでしょうか?

これはインスタントな書き方ですが、表現の方向性を導き出すのに役にたつと思います。

ちなみに私はコピーライターですが、決して毎回5分で書けるわけではありません。

ウンウン唸りながら、デスクにかじりついたり、ときには散歩したり、いいコピーが書けなくて、あきらめてビールを飲むと閃いて、嬉しくて飲みすぎてしまい、翌日には忘れてしまったり。

やっぱりコピーは難しいけど、「伝わった」とわかるととても嬉しいものです。

 

もしあなたの商品やサービスにつけるコピーでお悩みでしたら「キャッチコピーを5分で書く方法」を思い出してください。

それでももっと良いコピーを探したいなら、どうぞジムのクリエイターにお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


ピックアップ記事