閉じる

会社情報

株式会社ジム

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-22 メゾンドシャルー407
TEL:03-3230-3722 FAX:03-3230-4327

設立
1981年
資本金
1,000万円
従業員数
17名(グループ含む)
取引銀行
みずほ銀行(市ヶ谷支店) 三井住友銀行(飯田橋支店)
事業内容
  • グラフィックデザイン
  • WEBデザイン
  • 映像制作
  • 展示会装飾デザイン
WORKS
HP
https://www.gym-ts.com/

2020.7.16

メールの件名こそキャッチコピーだ

おはようございます。

いつも伝え方ナビをお読みくださりありがとうございます。

今日の記事は「メールの件名」についてです。

広告的視点から見るとメールの件名はまさしくキャッチコピーなのです。

どんなにメール本文に良いことが書いてあったとしても

件名が魅力的でないとメールはポイッとゴミ箱行きです。

ではどんな書き方が良いのでしょうか?

今回はBtoBのセールスメールを想定してお伝えします。

 

文字数は15字以内

スマホのメールソフトやGメールでみた場合、件名は15文字程度まで表示され、それ以降は省略されてしまいます。ですので15文字以内で完結に文章をまとめる必要があります。文字数制限がありますので、件名に「お世話になります」的な挨拶の言葉はそれだけで8文字使ってしまうのでもったいないです。

あくまでも簡潔に、わかりやすく、文章を書きましょう。

もしあなたのメールにセールスメールやメルマガが送られてくるようでしたら、どんな件名だと本文を読みたくなるか、過去のメールを見返してみると参考になるかもしれません。

 

気になるワードを含める

メールを受け取った人は、このメールが自分の業務に関係するかどうかをほんの一瞬で判断します。

その判断基準は気になるワードがあるかどうかではないでしょうか?

コロナ禍の今なら、働き方が大きく変わってきているので「リモート営業」や「テレワーク」「在宅勤務」などトレンドワードが入っていると、気になる方はちょっと読んでみようかという気持ちになりやすいものです。

また具体的な固有名詞や商品名を入れるのも、興味のある方にメール開封してもらうポイントです。

たとえば「パワポで簡単に動画を作れます」という件名のメールを送信した場合、

日頃パワポを使っている方や動画マーケティングに興味をお持ちの方には、

この具体的なワードがフックになり開封のきっかけに繋がります。

 

本文の想像がつく件名

一方的な売り込みの言葉しか書かれていないメールの本文は、読むだけ時間の無駄だと判断されます。

忙しい合間にちょっとでも読んでみたいと思うには、

件名から「きっとこんな情報が得られるだろうな」という期待感がもてる必要があります。

たとえば「実績紹介」や「資料公開」「セミナー」「課題解決例」など。

もちろんメール本文で、その期待に応える情報がないと駄目ですが、

具体的な言葉を使って、相手に頭の中の期待を引き出しましょう。

 

まとめ

アフターコロナ・ウイズコロナの時代は、対面での営業やプロモーションに制限が出てきています。

そんな中でメールでの営業は、改めて効果がある手法と見直されています。

メール配信からランディングページに誘導してリードを獲得する、

このようなマーケティング手法が業界・業種を超えて一層活発になると思います。

弊社でもメールを入り口にしたマーケティングを実施しています。

ご興味がありましたらこちらよりお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ記事