閉じる

会社情報

株式会社ジム

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-22 メゾンドシャルー407
TEL:03-3230-3722 FAX:03-3230-4327

設立
1981年
資本金
1,000万円
従業員数
17名(グループ含む)
取引銀行
みずほ銀行(市ヶ谷支店) 三井住友銀行(飯田橋支店)
事業内容
  • グラフィックデザイン
  • WEBデザイン
  • 映像制作
  • 展示会装飾デザイン
WORKS
HP
https://www.gym-ts.com/

2020.1.6

非営業職こそ意識したい「アイスブレイク」のポイント

営業だけでは人手が足りないので、非営業職の自分が打ち合わせに参加することになりました。

「話をするのは得意じゃないから技術職を選んだのに…」

などと思うかもしれませんよね。

しかし、人員の少ない中小企業では、そういうケースがあることも十分考えられます。

「話下手なのに、会議に参加してもいいのかな?」

と思う方は、アイスブレイクを意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

アイスブレイクとは?

直訳すれば、アイスブレイクは「氷を壊す」こと。

これでは意味がわかりませんよね。

ここで言うアイスは「話しづらい冷えた雰囲気」のことです。

それを「壊す=解きほぐす」のがアイスブレイク。

緊張してる雰囲気を緩和させて、話しやすい雰囲気を作ることを目的としています。

なぜアイスブレイクが注目される?

人は、緊張していると思うように話せないものです。

雰囲気に気圧されると、頭が真っ白になってしまいます。

「普段ならもっと気軽に話せるのに…」

と、後になって後悔したことは誰しもあるのでは?

また、商談相手が緊張しているとしたらどうでしょう。

本題に入ったところで、自分の話が印象に残るでしょうか。

きっと、相手はそれどころではないはずですよね。

だからこそ、本題に入る前に前置きをして、話を聞いてもらうための準備がいるのです。

その話を聞いてもらうための準備がアイスブレイクだと言えます。

実際のアイスブレイクはどんなものがある?

アイスブレイクは大きく分けると2種類のものがあります。

一つは、ゲーム形式のアイスブレイク。

例えば、自己紹介をゲーム形式で行います。

「○○です」

「○○さんの隣の○○です」

「○○さんの隣の〇〇さんの隣の…」

といった具合。

自然と笑っていられる環境のほうが話も弾むもの。

上記のようなゲームを交えた自己紹介は、効果的なアイスブレイクです。

しかし、こういうゲーム形式のアイスブレイクは、たいていグループワークとして行います。

自分が司会・進行役の立場にでもいないと、行いにくいでしょう。

もう一つは、ゲーム形式以外のアイスブレイク。

例えば、商談相手の趣味など話の共通点を探ろうとするのも立派なアイスブレイクです。

自己開示話法もアイスブレイクとして使われます。

話の途中で小ネタを挟んだりするのも、緊張をほぐしたいからですよね。

臨時に打ち合わせや商談に参加する場合、自分が話の主導権を握っていないことのほうが多いでしょう。

なので、ゲーム形式以外のアイスブレイクを用意しておきたいところです。

 

 

アイスブレイクはいつ行う?

アイスブレイクは、時間が経てば経つほど行いにくくなるものです。

話の途中で小ネタを挟むにしても、小ネタが話せる雰囲気かどうかを確かめながら話すことになりかねません。

後々からアイスブレイクをしようとしても、一度出来上がってしまった雰囲気をほぐすのは並大抵のことではありません。

トークに自信のない人にとっては、後になればなるほど難しくなってしまいます。

では、アイスブレイクを最も行いやすいタイミングは、いつでしょうか。

それは、出会ってから10秒以内と言えます。

要するに打ち合わせや商談の相手に会ったら、すぐにアイスブレイクをしたほうが楽なのです。

相手に出会った直後であれば、まだ場の雰囲気が作られていません。

その状態で、相手を笑顔に持ち込むことさえできればアイスブレイクは成功します。

そのためには、間を置かずに開口一番に相手に話しかけるのがいいでしょう。

間を置けば置くほど、相手に話しかけづらくなるものだからです。

だからこそ、相手と顔を合わせた瞬間は、最もアイスブレイクがやりやすいと言えます。

「はじめまして、○○と申します。今日は突然参加させていただくことになったのですが、実は緊張してまして…」

などという具合に、自己開示をしてみるのはどうでしょうか。

後になればなるほど「緊張してる」なんて言いづらい雰囲気になりかねません。

そうなる前に、動けるうちに自分から動いてしまえばいいというわけです。

会議が始まる前のちょっとした時間などでも、ただぼーっとしてるのか、挨拶だけでもしておくかで、相手の抱く印象も大きく変わるはずですよね。

 

まとめ

「人と話すのはあまり得意ではない」

そういう方は、なにかと引っ込んでしまいがちです。

それは、

「トークが下手」なのが原因でしょうか。

決してそんなことはありません。

なぜなら、トークが苦手でも笑顔でいられるときは自然と話ができたりしますよね。

だとすれば、トークの内容ではなくて、自分の心構えのほうが大事なのではないでしょうか。

話せる雰囲気を作るには、最初が肝心です。

話が苦手という人は、出会った直後にぜひ相手に話しかけてみてください。

アイスブレイクは、タイミングが大事なのです。


ピックアップ記事