閉じる

会社情報

株式会社ジム

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-22 メゾンドシャルー407
TEL:03-3230-3722 FAX:03-3230-4327

設立
1981年
資本金
1,000万円
従業員数
17名(グループ含む)
取引銀行
みずほ銀行(市ヶ谷支店) 三井住友銀行(飯田橋支店)
事業内容
  • グラフィックデザイン
  • WEBデザイン
  • 映像制作
  • 展示会装飾デザイン
WORKS
HP
https://www.gym-ts.com/

ファントム4

こんにちは。

株式会社ジムの代表 久保木肇です。

いつも伝え方ナビをお読みいただきありがとうございます。

弊社では広告・販促ツールのデザインをする一方でドローンによる空撮サービスも行っています。

なぜ、デザイン会社がドローン撮影を?そうですね、ちょっと親和性が少ないかもしれません。弊社が初めてドローン撮影をしたのが2012年のこと。

当時の太陽光発電のクライアントから、メガソーラーが完成したので、上空から撮影して欲しいと依頼がありました。

それ以来、7年ほど全国各地で様々なドローン撮影を実施してきました。

この記事では地上からの撮影とドローン撮影の違い、またセスナからの空撮との違いなどをお伝えしていきます。

 

ドローン映像は情報を把握しやすい。

地上からの撮影と決定的に異なるのが、上空から見せることによる情報把握力にあります。情報や被写体を説明的に見せたいときに有効です。最近ではTVの情報番組やゴルフ中継、災害時のニュースでもドローンが使われているのは、情報把握がしやすいからです。

ドローンによる情報把握

それでは、同じ上空からならセスナやヘリコプターからの撮影とどう違う?そんな質問にお答えすると、

 

セスナからとはまったく違う臨場感が伝わる。

航空法により、セスナやヘリコプターは上空150メートル以下の高度を飛行できません。かなり高い上空から撮影することになります。

ということはカメラは望遠レンズを使うことが多くあります。

どのような映像になるかというと離れた距離からの望遠レンズなので、少し冷静な印象の映像になります。

一方でドローンは航空法により150m以下のフライト(申請・許可により150m以上も可のオペレーターもいます)しか認められていませんのでセスナより低空飛行が可能です。

またカメラも広角レンズを搭載できるのでパノラマ感のあるランドスケープ映像や迫力のある映像を撮ることができます。

セスナとドローンのどちらが良いかという議論ではなく、撮りたい映像により使い分けるのが良いのですが、

ひとつだけ言えることが飛行高度とレンズの違いにより「臨場感」が違うことは確かです。

 

「部分」と「全体」をつなげて伝えることができる。

空中を俊敏に動きまわれるドローンの特性を活かした撮影のひとつに、被写体のアップからドリーバックして引きの画までを、一連のつながりとして捉えることができます。もちろん逆に引きの画からアップにすることも可能です。

たとえば、モデルの表情を映し、そのままモデル全身を映し、モデルのいる状況を映し、周辺環境との関連まで表現することもできます。

自転車のアップ画像

1)道路を疾走する3人の自転車レーサー

アップから少し引いた画像

2)ドローンがレーサーを追従しながらドリーバックを開始。

アップから少し引いた画像

3)道路の奥に小高い丘が見えてきました。

海と丘と自転車

5)画面手前に海が見えてきて全体が把握できました。

 

このようにドローンによって映像の伝え方が大きく変わりました。しかも大掛かりな機材やスタッフを必要とせず、少数のスタッフで短時間で撮ることも可能になりました。

この映像はこちらからご覧いただけます。

 

 

うちもドローン映像撮って見ようか。と思ったら

ドローンの機体は、年々廉価になってきて手に入れられやすくなっています。自分で操縦したい方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

ただし、屋外で飛ばすことは航空法や電波法などの法律が関わってくるので予めよく調べてみてください。

またドローン映像に興味をお持ちでしたらジムが運営する「ドローン東京」のホームページをご覧ください。映像の事例やコラムなどを紹介しています。

https://www.dronetokyo.jp

ドローン東京HP

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 


ピックアップ記事

関連記事